GMOクリック証券−Android対応のFX−

GMOクリック証券

 GMOクリック証券は、FXのほかにも株式や先物・オプション、CFDなど多彩な投資商品を取扱う証券会社。取引ツールはPC版、モバイル版ともに豊富なラインナップで、サポート体制は24時間電話、メールで受付。オリコンの顧客満足度ランキングにおいてインターネット証券部門 第1位に選ばれるという輝かしい実績を持ち、企業に対する安心感・満足度が大きいのが大きなポイント。
 アンドロイド専用アプリ『FXroid』は平成23年1月にリリースを開始。既にリリースされ、評価が高いiPhone用アプリでのノウハウをアンドロイドアプリでも注ぎ込み、機能性の高いツールとして登場してきました!

GMOクリック証券 Android用アプリのレート一覧

GMOクリック証券のレート一覧

 GMOクリック証券のAndroidアプリのレート一覧画面。サイトを立ち上げた当初、auのIS03には対応していなかったため、レート表示に不具合があったのですが、その後解消。FX口座を開設する際は携帯端末がアプリに対応しているのかどうか確認するのが非常に大切です。
 さて、iPhone用アプリもそうですが、GMOクリック証券のアプリは見やすさにもこだわりが見えます。通貨ペア表示には国旗のアイコンも使用され、ビジュアル的にも通貨ペアの識別がしやすいです。

GMOクリック証券 Android用アプリ チャート設定その1

GMOクリック証券のアンドロイドアプリ チャートその1

 続いてチャートを表示させますが、その前に、いろいろと設定が・・。
 実は、GMOクリック証券のアンドロイドアプリは、チャートの機能性が非常に高い!!
 為替チャートのエリアとテクニカルのエリアの2段表示が可能なんですが、チャートエリアには左図をご覧の通り、単純移動平均線、指数平滑移動平均線、ボリンジャーバンド、一目均衡表、平均足のいずれかを表示させることが可能です。

GMOクリック証券 Android用アプリ チャート設定その2

GMOクリック証券のアンドロイド チャートその2

 そして、テクニカルチャートはパラメータの設定も自由自在!
 左図は単純移動平均線のパラメータ設定画面ですが、短期、中期、長期の最大3本の移動平均線を表示させることが可能です。テクニカル重視でFXをやるなら、ホント、おすすめのFX口座です。

GMOクリック証券 Android用アプリ チャート設定その3

GMOクリック証券のアンドロイド チャートその3

 そしてテクニカルエリアの設定画面。
 利用可能なテクニカルは、MACD、RSI、DMI/ADX、ストキャスティクス、RSI。
 チャートエリアで表示可能なテクニカルと合わせると、かなり充実しています。
 もちろん、テクニカルエリアで利用する場合でもパラメータは自由に設定可能です。

GMOクリック証券 Android用アプリ チャート画面その1

FXroid チャート画面

 で、チャートを表示させたのが左図。
 上段が移動平均線を表示させた為替チャート、中段がMACD、下段がRSI。視認性も抜群。しかも表示させる時間軸を変更することも可能なので、『時間スパンを長くとって大きな視点でチャートを確認する』、なんてことも可能です。
 ちなみに、時間足は、Tick、1分足、5分足、10分足、15分足、30分足、60分足、日足、週足、月足から選択可能。この豊富さも魅力で、幅広い投資スタンスに適応してくれます。

GMOクリック証券 Android用アプリ チャート画面その2

FXroid チャート画面その2

 左図はチャートを横向きにした画面。
 画面いっぱいを活用して表示してくれるので、非常に見やすいチャートです。
 チャートの見やすさ、使いやすさではGMOクリック証券の右に出るFX会社はなさそうです。

GMOクリック証券 Android用アプリ マーケットニュース

FXroidのマーケットニュース画面

 こちらは、マーケットニュース。
 配信しているのは、Market Win24、日本証券新聞、ダウジョーンズ、トムソンロイター。
 マーケット情報が充実しているのはもちろん魅力ですが、画面を見てのとおり、マーケット情報の最上段には気になる通貨ペアの為替レートを表示されるのがGMOクリック証券のアンドロイドアプリのメリットでもあります。
 これで、ニュースを閲覧中に為替が大きく変動した場合でも、『気づかない』なんてことはありません。

GMOクリック証券 Android用アプリ 経済カレンダー

FXroid 経済カレンダー

 経済カレンダーでは、直近に発表された経済指標の前回値/予測値/結果、これから発表される経済指標については前回値/予測値が表示されます。もちろん、発表日時もあります。

GMOクリック証券 Android用アプリの注文画面

FXroidの注文画面

 通常の注文画面です。
 取引したい通貨ペアの為替レートをタップすると、この画面へと切り替わります。
 注文の種類は、成行、通常(指値・逆指値)、OCO、IFD、IFD−OCOと一通り揃っており、許容可能なスリッページの設定をすることも可能です。

GMOクリック証券 Android用アプリ スピード注文

GMOクリック証券のスピード注文画面

 GMOクリック証券では、ワンタップで注文が成立する、【スピード注文】機能を装備しています。
 これにより、画面をタップする手数を最小限に抑えた取引が実現できます。これは、非常に重宝する機能で、同じ通貨ペアで保有しているポジションをワンタップで全決済することもできます。
 損益も表示されるので、スキャルピングをされる方にもおすすめの機能です。

GMOクリック証券の総括

 GMOクリック証券は、スプレッドの高さはもちろん、スワップ金利の高さも際立ち、デイトレからスワップ狙いの長期投資まで、幅広い投資家に適したFX口座。
 株式投資や先物・オプション、CFDなど、FX以外にも幅広い投資商品を取扱っているのもGMOクリック証券の大きな魅力。
 アンドロイド専用アプリ『FXroid』は、視認性に優れ、特にチャート機能が充実しています。テクニカルのパラメータを自在に変更できたり、移動平均線とRSIなど複合でテクニカルを表示できたりと、視認性も含めてチャートの使いやすさはGMOクリック証券のアンドロイドアプリの右に出るFX会社はありません。
 既にリリースされているiPhone用アプリも高機能なので、アンドロイドケータイはもちろん、もしかしたらiPhoneに乗り換えることがあるかも?といった方にも最適。
 そのほか、サポート体制がしっかりしており、平日なら24時間、フリーコールでも問い合わせに対応しているので、これからFX始めたいという方にも適しています。オリコンの顧客満足度ランキング、ネット証券会社部門で【第1位】を獲得している安心の証券会社です。

GMOクリック証券『FXネオ』のスペック概要
クリック証券
公式サイト
取引手数料 無料
最大レバレッジ 25倍
最小取引単位 10,000通貨
スプレッド 0.3pips原則固定 ※米ドル円の場合
信託保全 三井住友銀行、みずほ信託銀行へ毎営業日計算を行い100%相当額以上を信託
取扱通貨ペア 14種類
※ドル円、ユーロ円、豪ドル円、ポンド円、スイス円、NZドル円、カナダ円、ポンドドル、南ア・ランド円、ユーロドル、ポンドドル、豪ドルドル、ユーロスイス、ポンドスイス、米ドルスイス
クイック入金 ジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、ゆうちょ銀行、楽天銀行、りそな銀行

Android(アンドロイド)FX

Android対応FX業者一覧

FX業者比較

Other Contents